ホーム > リンクエージェンシー岡田物語

リンクエージェンシー岡田物語

私どもが選ばれる最大の理由。
それは…

長くなりますが、これが私たちの全てです。


求職者の方をだますことができる人材紹介会社という立場

私たちは人材紹介会社です。
この”人材紹介”という言葉にはあまりよいイメージを持っていない方が多いのではないでしょうか。

・だまされそう
・信用できない
・強要されそう
・断ったら怒りそう

確かにそうだと思います。
と言いますのも、実際にひどい会社(ひどい人)も存在しているからです。

正直に言いますと、実は私も前職は、そのような場面に遭遇したことがありました。
業界は違いましたが、圧倒的な情報量がある紹介会社にとって、求職者の方を言いくるめることは簡単だったのです。

当時の上司は、常に結果を出す人でした。
しかしその結果を出すために、その会社の実情も知らずに良いことばかりを語ったり、逆に悪いところには全く触れず、就業させたい会社への強引な誘導が目立っていました。

何も知らず、その情報だけを信じて就業していく方。
そのような方を見る度に、私は胸が痛んだのです。



正直だからこそ、うまくいかなかった時代

正直でありたい。
そう思っていた私は、上司を反面教師にして、紹介する会社のいいところも、悪いところも全てお話するようにしていました。

しかし、結果は全くうまくいきませんでした。

あの会社は、残業が多い。
あの会社のオーナーはワンマン経営で、よく人が辞めてしまう。
あの会社は未だに男女差別がある。
あの会社は…


そうです。
正直でありたいという思いが強すぎて、求職者の方のためにという思いでしたが、単なる悪口のようになっていたのです。

現状の問題は何か、将来はどうなりたいのかという求職者の方の気持ちを忘れて、表面的な情報ばかりお伝えしていたのです。



時にケンカもしなければならない正直さ

求職者の方の気持ちを理解しはじめると、ようやく成績も上がってきました。

そしてその数字が更に大きく伸びる1つのきっかけがありました。

それが、求人を出している会社さんとの大ゲンカです。

求人を出しているということは、私たち紹介会社にとっては大切なお客様です。
しかしあまりに理不尽なふるまいと、過酷な条件で求職者の方を探そうとしている態度に、私も我慢できなくなったのです。

『今までのやり方、条件では話になりません。この条件でやってみて下さい』

プライドの高いワンマン経営者の方でした。
当然、生意気いうなら付き合う必要もない、もう来るなと一蹴されました。

が、私は元来、負けん気が強い方だったのです。
そう言われてしまうと逆に燃えました(笑

丁度、その業界に行きたいという求職者の方が現れたこともあって、何度も社長さんに会いに行き、周りの相場や当時の市況、今後の傾向などを繰り返し説明したのです。

最初は当然、話も聞いてくれませんでしたが、感情的にならず、客観的な視点から情報を伝えようと心掛けていたこともあり、少しずつ話を聞いてくれ、結果的には条件を大幅に変えて求職者の方を受け入れてくれたのです。

これをきっかけに、私は第三者の立場から公平にお話することの大切さを知りました。それ以降、求人を出している会社はもちろん、時には現実離れしたことをお話する求職者の方に対しても、『そんな夢のような条件はないのです』と客観的な視点を持ってもらうため、強く言うこともありました。

正直、それで離れていく方もいらっしゃいました。
でも、そんな私を多くの方が支持してくださったのです。



就業するために必要な最大のポイントとは

当たり前のことですが求人を出す会社も、求職者の方も一人ひとり違う問題があり、それを解決したいと願っています。

例え提示したある条件で双方が合致したとしても、本当に求めるものが違う場合は当然就業には至りません。
また仮に就業したとしても、長続きはしません。

当たり前のことかもしれませんが、それがわかりはじめた私は、単なる条件や潜在的な問題のヒヤリングだけではなく、もっともっと根本的なポイントがあることに気付いたのです。


そうです。

それがビジョンです。

将来どうなりたいのかというビジョンが最も大切なポイントだったのです!

単純なお話です。
薬剤師の方の場合ですと
・将来、独立したいのか、そうでないのか。
・マネージメント業務をしたいのか、そうでないのか。
・薬剤師としての専門知識を増やしたいのか、そうでないのか。
どんな目的で、どんなビジョンを描くかによって、就業先は全く異なります。

このビジョンのお話ができるようになると、不思議なことが起こり始めました。
給与や就業場所などの通常の条件や、性格、フィーリングといった相性などではなく、今までとは一味違った形でご紹介できるようになったのです。

会社側と働く側がビジョンでつながっていますから、うまくいかないわけはありません。
成績も更に上昇し、会社の方からも、求職者の方からも、お礼を言われる機会がより増えていきました。

そんなある日、今まで私が携わっていた業界とは全く違う薬剤師の方が職を探しに来られたのです。



<起業、そして…>

薬剤師…私にとって初めての業界でした。

だからこそ、普段より更に一生懸命に求職者のビジョンに合う薬局を探しました。

その過程で、沢山の問題が見えてきました。

・変化の時代へ突入した調剤薬局業界
・4年制から6年制への変更
・困っている薬局の現状
・今後の薬剤師の方向性

現状を知れば知る程この業界の奥は深く、将来はいつか医療人事に携わりたいと思っていた私のビジョンとが合致し、2009年3月に薬剤師の方に特化した人材紹介会社、株式会社リンクエージェンシーを起業したのです。


このように私たちは今までの経験を通して学んだことを確実にものし、
より正直に
より誠実に
『人財を通じてあなたの未来をプロデュースする』ことを理念に進んで参ります!



私たちの3つの約束
・求人票にはない情報をお伝えすること
・給与、就業曜日、時間など、条件面での交渉をすること
・就業後のリスク(パワハラ、セクハラ、条件面の相違などによるトラブル)を徹底サポートすること

3つの約束を守ることができる理由
・常に現場に足を運んでいる(FAXや電話だけの紹介会社さんもあります)
・オーナーや店長などの決裁者とのパイプができている
・地元密着で薬局との信頼関係を構築できている



私たちが知っていること
・求人票には載らない薬局のウラ事情
・中小と大手薬局の違い
・大手の薬局しか求人が表に出ない理由
・地域によっての雇用条件相場



私たちができること
・将来のビジョンを一緒に創り上げる
・普通では見つけられないような求人を見つけてくる
・様々な可能性をご提案する



私たちを選んでくれるお客様
・私たちの考え方に共感してくれる方
・自分自身の人生に正面から向き合う方
・長期的な視点で、物事の本質を捉えられる方



私たちがお役に立てないお客様
・自分以外の考え方を受け入れられない方
・私たちの考え方に合わない方
・本当に転職(就職)する気がない方



これが私たちが選ばれる理由です。
これが私たちの全てです。

長くなってしまいましたが、最後までのお付き合い頂き、誠にありがとうございます!


こんな私たちですが、一度、一緒にお話しませんか?
みなさんとお会いできるのを楽しみにしています!

会いにきてくれる方はこちら

株式会社 リンクエージェンシー
代表取締役社長